[企業リスト] リクルートホールディングスが出資・買収したスタートアップ・ピックアップ

国内市場の成熟化に伴い、日本企業によるクロスボーダーM&Aが近年増加傾向にあります。件数の増加はもちろんのこと、1件あたりの買収・出資金額も年々大きくなっています。人口増加が見込まれる新興市場への進出の足がかりとしてはもとより、新興市場への顧客基盤や営業基盤、流通基盤の獲得や、新技術、優秀な人材獲得を目指しています。

グローバル化の推進、インターネットやスマートフォンの普及により、国境が曖昧になり世界の距離が縮まる中で、グローバル企業との戦いは避けて通れない状況になってきています。その打開策としてM&Aは一つの有効な手段です。自社としてどう取り組むべきかを考えるためにも、他社の事例からその戦略を読み解き、学ぶ必要があります。

本稿では、リクルートホールディングスによるクロスボーダー M&Aのにより買収・出資を行ったスタートアップをご紹介します。


Huodongxing – チケット販売プラットフォーム

https://www.huodongxing.com/

Huodongxing.com(活动行)は、オンラインでのイベント運営総合プラットフォームを提供しています。イベントのチケット販売はもちろん、イベント会場予約、イベントリリース、登録プロモーション、チェックインチケット検証、アクティビティデータ分析など、ワンストップの統合イベントプラットフォームです。ユーザーには「エキサイティングなシティライフ」を提供し、イベント主催者には「簡単で便利なイベント管理ツールとアクティビティリソース」を提供することを目指し、上流と下流のリソースを統合することでイベント業界のサービス品質を向上を目指しています。

LOCUS – 物流最適化プラットフォーム

https://locus.sh/

Locusは、インドで物流最適化プラットフォームを提供しています。自然言語処理と機械学習を活用して、インドの物流課題の一つとなっている曖昧な住所表記に対し、位置情報を高精度で特定することを可能にしています。また、クライアント個別に発生する多様な交通制約条件に応じてフレキシブルに対応できるアルゴリズムを構築し、最適な配送ルートを自動で設計・提供します。加えて、顧客企業の物流の自動化・最適化をサポートし、これにより顧客企業の物流コストの削減、オンタイムでの配送、エンドユーザーのサービス満足度の向上を実現します。

CleverTap – モバイルマーケティングプラットフォーム

https://clevertap.com/

CleverTapは、包括的なモバイルマーケティングプラットフォームを提供しています。独自開発されたデータベースと最適化されたアーキテクチャ、機械学習を活用し、ユーザーの現在の行動データの獲得とターゲットセグメント、個別のメッセージをリアルタイムで利用できます。これにより企業のマーケティング担当者は、さまざまな顧客セグメントに対する個別のマーケティング戦略を実行し、各セグメントの費用対効果を予測できるようになります。

MoSeeker – AIベースのソーシャル採用ツール

https://www.moseeker.com/

MoSeekerは、AIベースのソーシャル採用ツールを提供しています。企業の人材獲得チームが候補者の特定、リクリーティング、および入社を支援する採用ツールです。Taleo、Kenexa、Lumesse、Successfactorsなど、すべてのATSシステムとの統合が可能です。

Rubique – オンライン金融マッチングプラットフォーム

https://www.rubique.com/

Rubiqueは、インドを拠点とするオンライン金融マッチングプラットフォームを提供しています。人工知能を使ったリコメンデーションエンジンを備えたマーケットプレイスは、金融機関のシステムと連携してリアルタイム処理や顧客のオンライン承認の機能が利用可能です。ブロックチェーン、ビッグデータ、AI といった先端技術により、複数のデータポイントを分析することで顧客の信用力を評価し適切な金融商品を提供しており、ローン評価システム上では人間の手による労力を排除します。また、処理時間を低減するだけでなく、複数のデータポイントで実施されるデータ分析が将来予測や信用力評価の改善にも寄与するとしています。

BEAM – 匿名仮想通貨

https://www.beam.mw/

BEAMは、イスラエルに拠点に置き、匿名性を高めた仮想通貨・ブロックチェーンの開発を行っています。トランザクションの機密性を高める「Mimble Wimble(ミンブルウィンブル)」プロトコル上で構築された仮想通貨を手掛けており、メインネットをローンチしました。提供するトークンは指定した第三者がトランザクションデータを検証することを許容することで、取引の監査への対応を確保しつつ、トランザクションに関するデータ等が第三者に流出しない機能を備えたブロックチェーンを実現し、利用者の取引情報を守ります。


今回は、リクルートホールディングスによるクロスボーダーで出資・買収がされた6社をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

SEKAIBOXでは、資本提携や業務提携・技術提携を目的としたセカイのテックベンチャー発掘のお手伝いをしており、ただいま新規登録いただいた方の中から順次パイロットサービスご提供とさせていただいております。パイロットサービスご利用をご希望の方は、ぜひ下記よりご登録ください。

Create your account