[スタートアップインタビュー] インドの結婚式ポータルサイト「The Wedding Brigade」

1 month ago
人口が急拡大し2025-30年頃には、中国を抜き世界一になるといわれているインド。インフラの整備もまだまだこれからで、マーケットそのものの規模の拡大はもちろん、様々な領域でビジネス機会、イノベーション機会が拡大しています。 シリコンバレーで経験を積んだイノベーターたちが一旗揚げ、故郷に戻ってきてエンジェル投資家になったり、再びスタートアップに身を投じるケースが増え、インドのスタートアップ環境はここ数年でシリコンバレーに匹敵するほどになっています。ソフトバンクビジョンファンドの超大型投資を受ける企業も多く排出しており、インドのスタートアップは世界中から最も注目されているといっても過言ではないでしょう。 本稿では、アメリカや日本からのタイムマシン経営で、インドの結婚式に関する「不」を解決するソリューションプラットフォームを展開する「The Wedding Brigade」のCEO、Sanna Vohra氏に話を伺いました。     The Wedding Brigade – 結婚式ポータルサイト   https://www.theweddingbrigade.com/ The Wedding Brigadeは、結婚式のためのオンラインポータルサイトを提供しています。会場からメイクアップアーティスト、mehendi(インドのボディーペイント)アーティスト、カメラマンまで、結婚式に関係するあらゆる厳選したサービスを予約できる。また無料のウェディングコンシェルジュが予算におさまるように最適でお得な情報を提供する。   CEOインタビュー Sanna VohraCEO, and Founder 米ブラウン大学の学生時代に、キャンパス周辺のレストランの割引を提供するスタートアップを立ち上げた。大学卒業後、投資銀行のMorgan Stanleyのニューヨーク本部でアナリストとしてIPO部門に2年間就業後、The Wedding Brigadeを創業。 ━━起業のきっかけは? 2014年に友人の結婚準備を手伝った際に、その大変さに気づいた。特に、様々な業者とメールやWhatsApp、facebookなどでのやり取りは本当に不便だった。 そこで、結婚業界についてリサーチを始めた。アメリカや日本では結婚式にまつわるサービスを提供する充実したオンラインポータルがあり、それによって結婚式のプランニングが便利になっていることを知った。 インドのウェディング市場は約500億米ドルと巨大だが各セグメントが細かく分断されているため、その市場を横串で繋ぐことにチャンスがあると感じた。 2014年にインドの結婚式のPinterest事業を立ち上げ、2016年にThe Wedding Brigadeをローンチ。 The Wedding Brigade は主に3つのサービスを提供する: ウェディングに関するコンテンツ発信:ブログ、Youtubeチャネル、その他ソーシャルメディアアカウント ECプラットフォーム:結婚式の衣料、アクセサリー、アクティビティなどの販売 サービスマッチング:メイク、ビデオ・写真撮影などのマッチング ウェディング業界でのNo.1ブランドを目指しており、結婚式会場の賃貸・管理ビジネスにも拡大する予定。 ━━サービスのバリュー・プロポジションは? インドで唯一の結婚式のためのマルチサービスポータルサービスであること。 コンシェルジュサービスは結婚式の準備に関して主要な役割を果たすことができ、高い利便性を保っている。また、ECプラットフォームにより時間やエネルギーを節約できる。 The Wedding Brigadeのプラットフォームによる業者の費用は、明瞭にしており、それが大きな価値である。また、クオリティの保証も行なっており、高品質のサービスと信頼できる業者のみプラットフォームに掲載している。同時に業者の価格競争もなされ、費用は20〜25%減少させることができる。 ━━日本市場や日本企業へ期待することは? 結婚式事業は国や文化の違いが大きいため、海外展開の予定はない。インド市場でより深くビジネスを発展させていく。 今後のビジネス展開において、高度に進化された日本のウェディング業界とはシナジーがあるはずなので、日本の投資家と話す機会があれば嬉しい。 ━━競合企業は? 各機能(EC、プランニングなど)には数社競合企業はいるが、コンテンツ、EC、サービスマッチングなどを一貫して提供しているサービスは他に存在しない。 ━━資金調達ラウンドは? […]
Read More

Create your account